HIS・近ツー・阪急交通社への志望動機例文集

HISへの志望動機例文1

【エントリーシートの質問】私にとってH.I.S とは

「自分の一番幸せ、達成感を感じられる会社」

私はアメリカのHIS○○支店でインターンシップとして約4ヶ月間働きました。

私の業務内容は日系のスーパーマーケットの前で1日約130枚ずつキャンペーンの広告配りをしたり、現地に住んでいる日本人やアメリカ人は休暇中に何処に行くのかを調べて統計を出したりしました。

どの仕事も終わればものすごく達成感が湧きました。

広告配りで、日本人のみならずアメリカ人にも持ち前の笑顔で配布し大体の人は笑顔で受け取ってもらうことが出来ました。

その時の広告配りで大きな達成感と楽しさが湧きました。

HISのインターンシップでお客様に満足してもらうことが私にとって一番嬉しい事だと感じました。

~ワンポイント添削~

全体的になぜHISなのか?というのが書かれていません。

HISだから感じられた幸せや、達成感をもう少し具体的に書いてください。

HISへの志望動機例文2


【エントリーシートの質問】私のH.I.S における将来の方向性

(1 年後、3 年後、それ以降を踏まえて記入してください)

<1年後>

「また接客してもらいたい。」と思ってもらえるような販売員になる。

 販売の実績を常に上位に保ち、お得意のお客様をつけていたい。

<3年後>

 海外支店で活躍したい。

日本人が海外で満足して貰う事も踏まえて、海外のお客様に日本を身近な観光地にするために海外で日本を紹介したいです。

現地の日本人には短い休暇でも楽しく過ごしてもらえるようなプランを考え売り上げを伸ばしたい。

いずれは海外支店の店長になりたいです。

~ワンポイント添削~

内容が具体的でとてもいいです。
現実的な仕事のビジョンと、将来の方向性がリンクしています。

面接ではさらに突っ込んで、「どうやって売れる販売員になるの?」、「どうやって日本を紹介するの?」というところまで聞かれると思います。

そのあたりを面接で聞かれることを想定して、自分の考えをまとめておく必要があります。

 

近畿日本ツーリストへの志望動機例文2


【エントリーシートの質問】(字数制限200文字)

 「自分の特性や得意分野をふまえてどのような業務がしたいか?」

サークルのマネージャーを通して、選手の要望をカタチにすることにやりがいを感じました。

そこで、旅行というツールを利用して、お客様の課題を解決して利益を提供していきたいと思いました。

その中でも教育旅行に興味があります。

ただの旅行ではなく、たくさんの人と交流し、友と学び、体験、感動するなかで、社会という集団の中で自ら考えて行動する力を身につけることができる旅行を提案していきたいです。

~ワンポイント添削~

何のスポーツのサークルでしょうか?
それと何人ぐらいが所属していたかも書いておきましょう。

「ツール」という響きはどこか軽く感じて受け取られる可能性がありますので、「旅行を通して」と書いた方がいいですね。

「教育旅行」に興味があるとの事ですが、面接の場ではもっと深く突っ込んで「なぜ教育旅行なのか?」を問われると思いますので、その時のためにも志望動機をさらに深めておいて下さい。

阪急交通社への志望動機例文

 
「メディア販売に力を入れているところ」どんなに内容が良いツアーでも、お客様の目に入らなければ、意味のないツアーだと思う。

私も旅行に興味がなければ、エコツアーなどのユニークなツアーの存在を知らなかったと思う。

私は御社のホームページだけでなく、メールマガジン、携帯電話での予約を可能にしたところや、毎日、新聞に掲載をしている点に、将来性を感じる。

私は、私の企画したツアーを多くのお客様に伝え、旅行を通じて、お客様の人生に影響を与えたいと思う。

~ワンポイント添削~

「メディア販売に力を入れているところ」と1行で言い切っているのはわかりやすくていいですね。

ただメディア販売に力を入れている会社は、クラブツーリズムや読売旅行などたくさんあります。

阪急交通社だけという訳ではないので、それらの会社の中でもなぜ、阪急交通社なのかを伝えないといけません。

文章の主語が阪急交通になっています。

志望動機はあなた自身を主語にして書かないといけません。

志望する会社を褒めてもあなた自身のアピールにはなりません。

相手を主語にもってくると危険です。

なぜならこの例なら、阪急交通社はメディア販売の方針を変える可能性もあるからです。

志望動機を作るには、まずあなたの中の、企業選びのポイントをまとめることです。

そしてそのポイントに企業が合っているか、合っていないかを判断するのです。
それのポイントが志望動機になります。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする